タグ: 種類

ハチの種類の一覧 一般的な種のみ

ハチの種類の一覧 一般的な種のみ

 

【ミツバチ】

・1つの蜂の巣の中に数千匹~数万匹が活動しており、蜂や巣に対してムダに刺激を与えると刺される危険がある
・ミツバチはスズメバチほど厄介ではなく、ハチの中でも割とおとなしい
・駆除をするならどのような種類のハチであってもキチンとした調査をもとに、安全を確保したうえで行う必要がある

・自然の状態でのミツバチは、季節によって生態がかなり変化するため、季節ごとの警戒が重要である
・春から夏にかけては、育児が盛んな時期で、活動も活発化する
・群勢が増えることに伴って、繁殖期に突入する
・コロニー(巣)に一定の群勢が集まると、繁殖用の雄の生産が始まり、それまでの女王蜂が半数前後の働き蜂と共に新しい営巣場所を求めて出ていく分蜂が起きる
・夏場は花の少ない時期で、ミツバチにとっては生存が厳しい季節となる
・秋には再び花が増えるが、それと同時に多くのエリアでスズメバチによる捕食が始まる
・秋は越冬するために十分な貯蜜を確保し、冬は寒さの中で冬眠することなく春まで耐えなければならない
・越冬中は通常産卵と育児は停止するが、春が近づくと女王蜂による産卵が始まるので、貯めていた蜜と花粉の消費(消耗)が激しくなる

 
【ススメバチ】

・年間で約30件の死亡事故が報告されている
・世界のハチの中でも最も凶暴で、厄介な毒の強さをもつ
・スズメバチの駆除には、専門的な知識や道具が必要なため、一般人では難しい

 

【アシナガバチ】

・アシナガバチは、スズメバチよりは扱いが楽である
・刺されると、最悪の場合死に至る恐れもある、強力な毒も持っている
・アシナガバチの巣の退治においても、専門的な知識が必要なため、一般人ではやや難しい

 

 

といったようにハチの生態なども把握していて損はないです。