カテゴリー: 予防

ハチの予防対策をご紹介

ハチの予防対策をご紹介

 

ハチの予防対策には、まずハチのことをよく知ることから始めましょう。

ハチの種類や、生態などを簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

 

 

ハチの生態のついて

【働き蜂】

・飛行の能力は秒速6m~8m
・自分の体重の半分にあたる「約40mg」の蜜を一度に運ぶことができる
・花粉は後脚にダンゴのような形にして運ぶ
・生殖以外のすべての仕事をする
・必要に応じて、腹部の先っぽ辺りにある刺針で外敵に毒液を注入する
・働き蜂の刺針には、逆かぎがついているため、一度刺すと針が取れて死ぬ
【女王蜂】

・毎日、自分の体重に近い、約1000個の卵を産む
・成虫の体重は約250mg、ちなみに働きバチは100mgなのでかなり重い
・寿命は2~3年程度
・通常は、コロニーに1匹だけしか存在しない

【雄蜂】

・巣内では一切の仕事をしない
・春の繁殖期(通常は4月から6月)にのみ生まれる
・性的に成熟すると(交配期に入ると)、毎日決まった時間に交尾に出かける

 

 

ハチの対策について

・スズメバチは黒い色に反応して攻撃するため、野外に出るときは白い長袖の服を着用する
・巣の近くや、ハチが近づいてきたら大きな身振りをせず、ゆっくり静かに離れる
・巣に振動を与えると興奮するため、巣のある家の壁を叩いたり、巣のある木を揺らしたりしない
・匂いの強い整髪料や香水やなどは、ハチを刺激し興奮させることがあるので注意する

・ハチに刺されたら ハチに刺されるとショック症状(アナフィラキシーショックなど)が出る場合があるため、過去にハチに刺されたことのある人が次に刺されると、 過敏な反応が起こったり、最悪の場合は命の危険な状態になる場合があるので、早急に病院へ行くこと